借金問題で無料相談出来る弁護士とは

近年は銀行のカードローンが緩くなったこともあり、借金問題で悩んでいる人が多くいます。消費者金融などは、年収の総量規制で年収の3分の1以上は借りられませんが、銀行系は総量規制対象外のため、極端なことを言えば年収の倍以上であっても借りることが出来ます。しかし、銀行カードローンの安易な審査通過で借金に悩む人も多く、返済のために借りて返すという自転車操業に陥っている人もいます。

弁護士返済だけで月に10万円以上支払っている人もいますが、弁護士に相談しましょう。借金返済のために借金をする状態であれば、既に重度と言っても過言ではありません。弁護士に話を聞いてもらう場合、初回は無料相談という事務所も多くあります。借金問題が増えてきたからこそ、自己破産や民事再生、任意整理などを得意とする弁護士が増えているのです

弁護士に借金問題で相談となれば、自己破産を思い浮かべますが、民事再生や任意整理で十分な人もいます。自己破産の場合、自分名義のものは持てませんが民事再生は住宅等の財産を残したまた借金を減額出来る可能性があります。任意整理の場合は、利息制限法の上限金利を引き下げて再計算することです。金利をカットして元金のみを3年以内に返済していくことです。弁護士に相談することで、相談者に合う方法を考えてもらえます。借金から解放されたい人、どうにもならない状態の人、常に借金のことばかり考えているひとは弁護士に相談して今の状況を変えましょう。