過払い金が戻ってくる可能性がある

テレビを見ていると「過払い金返還」という言葉を聞きます。これは払いすぎた借金が戻ってくることを指します。過払い金が発生している可能性があるのは「2008年12月以前に借金をした人」「借金完済から10年以内」の人です。現在返済中でも、条件に合う場合は過払い金請求をして、過払い金で借金を相殺することも出来ます。

過払い金過払い金が発生する理由として「グレーゾーン金利」を利用して、利息制限法の上限を超えた利息で支払わされていた人がいるからです。金利が20%以上は違法となり、本来であれば支払う必要のないお金だったのです。過払い金請求をすることで、支払いすぎた利息が返還されます。

過払い金請求には、原則として取引終了から10年間という期限が設けられています。他にも、違法な金利の貸金業者が倒産していた場合は、過払い金の返還がかなり難しくなります。弁護士事務所によっては、過払い金が発生しているかの調査を無料で行ってくれる所があります。該当する人は、悩む前に弁護士に無料相談をしてみましょう。借りていた金額や年数にもよりますが、400万円以上の返還があった人もいます。金融機関に情報開示などでも時間を要することがあるため、早めに着手しましょう。