自己破産をするとどうなるのか

借金問題の最終手段として使われるのが、自己破産です。借金返済の見込みがなく、支払い不能状態を裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免除してもらうことです。33万円以上の現金や、20万円以上の資産がない場合は「同時廃止」が行われます。破産手続き開始決定と同時に破産手続きを終了して、免責手続のみ行うものです。破産管財人が調査するまでもなく、資産がない場合に行われます。

自己破産自己破産を行うことで、高価な財産は処分されます。しかし、生活に必要な家具などは処分されないので、自己破産後も普通に生活することが出来ます。自己破産後は当然ながら、ローンなどは組めなくなります。自分名義のものが持てなくなる、車も引き上げられるなど自宅の中での生活は大きく変わりませんが、外出時の影響は大きく出てしまいます。

自己破産と聞くと、どうしてもマイナスのイメージが浮かびます。しかし借金問題でどうにもならなくなっている場合、新しくやり直すという考えを持ちましょう。自己破産まで持っていきたくない場合は、弁護士と相談して民事再生や任意整理で何とか出来るようにしてもらうことが一番です。ただ、借金が大きすぎると民事再生や任意整理で追いつかない可能性があり、自己破産を勧められることもあります。